餅つきに使う道具一覧

餅の道具

餅つきに登場する道具を、うちの実家を例に紹介します。
こね専用の餅つき機を使って、白餅、豆餅、栃餅、草餅と大量に作る状況での道具です。
うち(横浜のマンション)で行うときに、とりあえず代用するとしたら何を使うか、も考えてみます。

この記事の目次を開くと、道具リストとして見ることもできるので、よかったら参考にしてください。
必ず(代用品でもいいから)使うものは★、無くてもいい(つくる餅の種類や状況による)は☆マークを付けています。

準備に使うもの

★もち米を計るカップ

一合の計量カップに加え、実家では一升マスも使います。
一升マス
核家族の規模なら、お米の計量カップ(1合)があれば充分かと。

★もち米を浸けるうつわ

でっかいボウルや鍋。
鍋とボウル
普段使っているボウルや鍋、どんぶりなどで対応可能です。

☆メモ用紙

何臼か作る場合は、どのボウルが何餅用か分かるように、メモを置きます。
米の量が各回で違う場合や、ごんだ餅がある場合は必須かと。
メモ紙

★新聞紙

大きいボウルのホコリよけに。チラシでもラップでも、適当な蓋でも。

☆あんこ用の鍋、杓子

あんこを自分で煮る場合は必要です。
実家では、たくさん煮るので大きい鍋です。
この中に、ちぎった餅をポイポイ入れて、あんこをまぶしていきます。
あんこの鍋

当日に使うもの

★餅つき機または杵と臼

餅つき機については、こちらの記事に詳しいです。
餅つき機の取り扱いについて
餅つき機
昔、木製の杵と臼を使っていたときは、事前に杵は水に浸け、臼にも水を張っていました。
こうすると餅が引っ付きにくくなります。どれくらいの時間浸けていたかは記憶なし。

☆新聞紙

粉やあんこが落ちるのに備え、作業場所の足元に敷いています。
餅取り粉を広げる
また、ホコリよけとして、あんこ餅のバット、できあがったのし餅など何にでもかぶせます。
作業が終わったら、洗った大きい道具を乾かすとき、下に敷いたりもします。
新聞紙、万能過ぎ・・・!

★ソーケ(もち米の水を切るための竹ざる)

当たりが柔らかく目が細かいので、水を吸ってふやけたもち米も割れにくいそうです。
ソーケにもち米を上げています
うちでは適当なザルで代用かな。

☆小さめのボウルやザル

もち米を蒸し器に移したり、豆や栃を洗って水を切るために使います。
ざらっと直接蒸し器に入れられる程度のもち米の量なら、ボウルまでは要らないかも。

★蒸し器

1升7合とか、うちのどの鍋でも入りきらないし、入らなくていいから! 適当な蒸し器で代用です。
蒸し器(大)

★蒸し布

ないと蒸し器の穴から米が落ちそうなんですが、布巾で代用できるものかどうか・・・
目が適度に粗くて、もち米がこびりつきにくい布です。これだけは買うかもしれないです。
蒸し器にもち米を入れる
ちなみに洗い方は、水(お湯)に浸けてもち米のぬめりをふやかしてから、手でゴシゴシ洗っています。台ふきんや雑巾を洗うのと同じですね。
蒸し布はゴワゴワしているので、わりと手が痛くなります。タワシなどをうまく使っても良いかも。

☆蒸したもち米を運ぶボウル(空き鍋でも)

蒸し上がったもち米は熱いので、蒸し布ごとボウルに入れて運ぶと安全です。
蒸し上がった豆餅材料を、ボウルに入れて運ぶ
入りさえすれば、空き鍋でもラーメン鉢でも何でもOK。
蒸し器ごと運べるようならそれでもOK。

☆小さい蒸し器

草餅の場合、ヨモギを別に蒸すために使います。
ヨモギ蒸し上がり

★杓子、箸、小さいボウル+水

餅つき機の傍らに置いて、もち米をほぐしたり、水分をちょい足しして調整したりします。
杵と臼なら、ボウルに水だけ用意して手返しですね。懐かしい。(基本見てただけですが・・・)
杓子とボウル

万一羽根に何か絡まった時には(蒸し布とかよもぎとか)、杓子でもち米をかき分けて救出にかかります。
餅をかき分ける

★作業板

できた餅をここへ出して、丸めたり、のし餅にしたりします。必ず粉をまぶしておくこと!
木の板なので、餅の湯気をコントロールしてくれます。
のし台を座卓に並べたところ
小規模なら、まな板や大きな皿で充分かな?
木のまな板があれば、迷わずそれを使いたいです。

適当な台にアルミホイルを敷くのも有りかもしれませんが、湯気でもち取り粉がベタベタになって、結果アルミホイルにべったりくっついちゃう予感もします。やってみないとわかりませんが・・・

☆バット

あんこもちを並べる用途。皿やタッパーでも問題ないです。
あんこ餅(栃餅)

☆人手

もち米を蒸す、つき上がった餅を丸める・のす、餅つき機についた餅のりを洗う、と色々並行でやらないといけないので、一人や二人では回りません。
熱い・重たい工程や、コツが難しい工程は大人の役目ですが、おかがみを丸める、あんこもちにあんこを付ける、といった簡単な辺りは、昔からどんどん手伝わされていました。
小規模なら、餅を丸めるのを最優先して洗い物は後、など、やりくりすれば大丈夫そうです。

☆小皿、箸

餅のつまみ食いに適宜。

出来上がった後に使うもの

★もち切り包丁

両端に柄がついて、刃先がほんのりカーブしている素敵な包丁です。
力を入れやすいし、切れやすいです。
餅切り包丁
昔はこれがなかったので、普通の包丁の背にタオルを当てて、一生懸命押して切っていました。
(タオルを当てないと、細い包丁の背は痛くて、たくさん切ってると手が壊れそうになります)
小規模なら、普通の包丁で何とかなるでしょう。

★保管用プラスチック容器

大量に餅ができるので、和菓子屋さんみたいなこんなのに入れます。センダンと呼んでいます。
プラスチックケース
量が少なければ、タッパーやラップで十分かと。

☆おすそ分け用プラスチック容器、紙箱

必要に応じて。
あんこ餅をおすそ分けするときは、お惣菜のパックみたいなプラスチックのを使います。

のし餅が固まりきっていなければ、板のまま持って行くのも有りです。紙箱です。
切り分けた白餅

切った餅を箱に詰めるイメージはこんな感じです。
切り餅の箱詰め

少量の切り餅なら、半紙に包むのも手です。湿気をコントロールしてくれます。

けっこう多かった。(まとめに入ります)

なんだか道具だらけで、餅つきって大変そうに見えてくるかもしれませんが、
道具が多い(そしてでかい)のは、実家で作る餅が大量だから、って側面が絶対にあります。

結局、もち米を水につけて、蒸して、餅つき機に入れることさえできれば、餅になるわけです。(この辺が全自動な餅つき機もあるみたいですね。すごい)
餅を作ることさえできれば、多少道具があったりなかったりしても、何とかなる!?

2017年1月14日餅つきの準備餅の道具

Posted by 文月