雑煮の作り方~餅は焼いてから煮ています

餅の食べ方

我が家の場合の、お雑煮の作り方です。

汁を作る

味付けは、だし、酒、醤油、砂糖、みりん、を使っています。醤油ベースです。
煮物やおでんと似たようなものですが、餅が入るので、濃いめの味にします。
雑煮の調味料

具は適当に。
ネギは必ずで、あとは油あげ、豆腐、かまぼこ、マイタケ、昆布、などが気分と在庫によって入ります。
火を通すべきものを先に煮てから、味を入れて、温まる程度で良いものを入れています。

この日は全部乗せに近いです。
雑煮の具を煮ているところ

餅を焼く

同時進行で、餅を焼き餅にします。
雑煮用の餅を焼く
餅は生のまま煮ると、「表面は溶けて中心は固い」になりそうで、我が家はもっぱら焼いてから入れる方法です。
(私の実家のやり方を真似てます)

焦げ目が付いても、それはそれで美味しいです。

焼いた餅を少し煮る

なじませる程度に煮ます。
餅を煮る

完成

餅が具に埋まってしまいました(汗)
雑煮完成
汁は味が濃いので、これくらい少なくても平気です。

補足

別の日の雑煮です。具の量は、これくらいに抑えると、上品に盛り付けることができます。
別の日の雑煮1

別の日の雑煮2